FIRE SIGN

ジャグリング、イチロー、オリンピック、とんねるず、etc...

踊る大捜査線と会社組織

会社員として働いていて思うこと感じることと「踊る大捜査線」とを照らしあわせて今日は書いていこうと思います。

私が今働いている会社で出世していく場合、分かりやすく書くと、まず、仕事での結果云々というよりかは上司に気に入られ、その上司に推薦してもらうという形になります。古くさいというか昭和的というか。まぁ、こういう体質の会社は残念ですが世の中に多いのかなとも思います。ですが仕事をする上でこういった体質が根底にあるとどうしても下から上に意見をぶつけて戦わせて、より良い答えを求めようという作業をしない人が出てきます。実際、自分の会社を見るとほとんどそういったタイプの人間が多いです。自分の意見を押し殺しながら働いている人たちに話しを聞いてみると出世したいわけでもないらしい。典型的な優しい日本人というところか。私の直属の上司がとにかく争いごとが嫌いで、ほかの部署やさらにその上にたいして、強く意見を言わず、常にどんなにおかしなことでも必ず意見に従うまたはどちらでも良いみたいな回答をします。本当に社会人としてクソだと思いますし、こういう人間がウチの会社に多くてほんとウンザリしてます。が、しかし、中には尊敬できる先輩もいます。その人は「他の会社に行っても結局ぶつかる壁は同じだし、給料が増えるわけでもないから今の会社でぶつかっとけ」と言ってました。確かにその通りだと思いました。それがイヤなら独立して自分で切り開けというところでしょうか。

ところで、冒頭で書いていた「踊る大捜査線」に触れたいと思います。映画の2作目の中で「犯人グループvs警察」の大まかな流れが「個人vs組織」という流れで序盤が進みます。組織は個人に勝てないという話しの流れです。会社組織と照らし合わせて考えてみると全く重なる部分があり、そういう視点から見ることもできるので普通に良い作品だと思います。やはり、個人の意見、行動などを押し殺そうという方向で動いている組織はダメだなと、そう言いたいです。映画の中で上司が室井さんに代わり、目的(犯人逮捕)に到達するまでの課程は個人個人の判断に任せるという指示を出して事件が解決に向かいます。今現在、働いている会社で上司からそういう指示が出されたら、たまらないなぁなんて想像しながら日々過ごしていますが。まぁ、昭和的なウチの会社じゃ無理そうです。。。

貴志祐介

最近、久しぶりに読書の波が3年ぶりくらいにやってきたみたいで、先週1冊の本を読み終えました。貴志祐介さんの本です。昔から好きで最後に読んだ作品がもうかれこれ10年近く前の「青の炎」。その10年間で貴志作品の未読本が5冊くらいたまってました。人気作家だけあってさすがに○ックオフで¥100とはなりにくいので、そこはやむをえず、順番として「青の炎」の後に出た「硝子のハンマー」を購入。先日、読み終えました。何やら、主人公の2人のキャラが強いせいかシリーズになっているみたいで「孤火の家」「鍵のかかった部屋」と続いているみたいです。感想はというと、今までの貴志作品のインパクトに比べると少し物足りなかった感じがあります。個人的には2章の犯人側の物語にグイグイ引き込まれたので、できればあそこだけ切り取って1冊の本にまとめてもらいたかったところです。

上記シリーズ以外にドラマ化もされたらしい「悪の教典」やアニメ化がされた未来の話「新世界より」がちょっと気になってます。あとは作家が違いますが鈴木光司さんも好きなのでそっちの未読本にも手を出そうかなと思います。最近分かったことですが、貴志祐介さんが影響を受けた作家として「鈴木光司」さんを挙げてました。やはり、読み手としてファンとしては好きな作家同士が影響を受け合ってると妙にうれしいですね。自分のセンスがイイのか?とか勝手に思ってますけど(笑)

だいぶ話がそれますがw 先日、電子メモ帳として大ヒットしたポメラを購入しました☆DM10という型番ですがコチラがAMAZONで¥5800くらいになっていたので思わずポチっとしてしまいましたw ちなみに今回もポメラを活用して文章を書きました。思いついた文章をひたすら書きためておいて、のちにこういう形でアップロードをすることを今回体感してかなり使いやすいなという印象を受けました!ノートパソコンの起動が待てるという方には必要ありませんが。。。

SNSの記憶

フェイスブック、mixi、twitter、etc... ソーシャルネットワークサービスというカテゴリがどこからどこまでを指すのかあまりよく分かってませんが、今日はSNSについて書きます。

私、個人としてはmixiに始まり、ツイッターで挫折しw、今現在はフェイスブックを主に活用してます。mixiを使い始めたのが2004年くらいからになると思います。このときの自分の年齢が24歳。社会人2年目くらいです。学生時代にSNSがあったら良かったなぁと思うこと、またはない方が良かったこと。。。両方ありますね、やっぱり。

学生時代にSNSがあったら良かったなと思うことは趣味などで知らない方との交流を深めたり、イベントに参加したり、そういったことに関しては今現在(2012年)のSNSの普及している世界に比べると2004年に関しては閉鎖的、という言葉よりか、比喩的ですがトビラの数が少なかったという印象です。

SNSがなくて逆に良かったなと思うこと、やはり友達との関係が現代の学生よりも良いというかリアルなのかなと思います。この点に関しては今現在インターネットコミュニケーション全般が普及するにつれてたびたび言われ続けていることと同じです。実際に久しぶりに会ったはずなのにSNSでコミュニケーションをとっていたのであまり久しぶりな気がしないなんてこともたびたびあります。要は人との接点の感覚がズレてくる、そういう印象をSNSから受けます。もちろん、これがイイのか悪いのかという点自体も人それぞれ違うところかなとも思います。ただ、実際に同窓会などをやるためにSNSを効率よく利用させてもらってかなり助かった経験がありました。

話が長くなりましたが、つまりは趣味に関してうまく利用したり、または依存しすぎないでリアルに友人と会う機会を逃さないようにするなど、うまく活用してゆけたらいいのかなと思います(^o^)

ロンドン五輪

自分の夏休みも後半にさしかかりました。まぁ、いつもと変わらず大型連休は逆にダラダラと過ごしてますwジャグリングの練習に関しては思ったよりも進んでおらず、残りの何日かでもうちょっと練習しなきゃなぁ~って感じです☆あとはマイケル・ジャクソンのBADの振り付けを残り2日で覚えようかと思います。

閑話休題。 先日、閉幕しましたロンドン五輪の総評をします。やっぱり、オリンピック好きとしては今回もいろんなドラマがあって、たくさん書きたいことがありそうだけれど。。。

まず、女子バドミントンの決勝進出!当初は他のチームが失格になったから決勝へ行けたんだなどとの報道もチラホラありましたが、決勝戦、負けはしましたがあのラストの粘り、攻防を見せた途端、そういう報道のされ方が減ったので良かったなと思いました。とにかく、あの攻防を見て、実力で決勝へ行ったんだなと思いました。

個人的に一番印象に残っているのは北島康介選手ですね。メダルを獲得したリレーではなくて、4位だった200mです。なんて言えばいいのかわかりませんが、寂しさというか哀愁というか。。。レース後のインタビューなんかを見てもやはり、自分自身で金メダルを争う位置にいないことが、ある程度、大会前くらいから分かっていたのかな~なんて思うとせつなくなるというか、やるせないというか。。。それでもやはり、王者北島康介としての泳ぎを見せて4位だったとしても感動を与えるところはやはり凄いなぁと思いました。もともとの200mの北島選手の泳ぎ方は後半のラスト150mを過ぎてからラストスパート勝負というスタイルだった気がするんですが今回は今できる精一杯の泳ぎ方がレースで見せた前半からガンガンいくことだったそうです。多分、調子が悪いなりに考えて自分との勝負でああいう形になったんだろうなと。個人的には北島選手の4位がトリノ五輪のときの岡崎朋美選手とだぶりました。世界から見た位置としては岡崎選手の方が低いですがあのときもギリギリで銅メダルに届かなくて。。。すげ~印象深かったですね。

今回も毎回買っている、五輪特別版の「Number」を買いたいと思います☆

出川ストラップ

3f740bb2.jpg
出川ストラップに2000円も使いました(笑)
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ